1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
  2. >メールマガジン
  3. >メールマガジン 第47号

メールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        化学物質国際対応ネットワークマガジン 第47号        
           http://www.chemical-net.info/            
               2013/3/18配信                
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、化学物質国際対応ネットワークのウェブサイトから
配信登録をされた方を対象にお送りしています。

第47号は、以下の内容をお送りいたします。 ───────────────────────────────────── 【1】欧州・米国化学物質管理の最新動向 【2】アジア地域化学物質管理の最新動向 【3】あとがき ───────────────────────────────────── 【1】欧州・米国化学物質管理の最新動向
1)[EU]REACH評価報告書(2012年版)が発行  2013年2月27日に、REACH評価報告書(2012年版)が発行されました。ECHA (欧州化学物質庁)が2012年に行った登録一式文書の評価、コンプライアンス チェック結果、物質評価結果等がまとめられています。この報告書を参考にして、 2013年5月31日に控えた第二段階登録期限に向けて登録文書の品質を向上させる ことが推奨されています。 http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/reach-evaluati on-report-2012-quality-information-required-for-reach-compliance
REACH評価報告書2012年版 http://echa.europa.eu/documents/10162/13628/evaluation_report_2012_en.pdf
2)[EU]ECHAは新たに10物質をSVHC候補物質リスト収載に提案  ECHAは、REACH規則に基づき、新たに10物質について高懸念物質(SVHC)候補 物質リストに収載する提案を2013年3月4日に公表しました。なお、これらの物質 に対するパブリックコメントの期限は、2013年4月18日までとなっています。
【新たに提案された10物質】 (1) Cadmium (2) Cadmium oxide (3) Dipentyl phthalate (DPP) (4) 4-Nonylphenol, branched and linear, ethoxylated (5) 2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4-(tert-butyl)-6-(sec-butyl)phenol (UV-350) (6) 2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4,6-ditertpentylphenol (UV-328) (7) 2,4-di-tert-butyl-6-(5-chlorobenzotriazol-2-yl)phenol (UV-327) (8) 2-benzotriazol-2-yl-4,6-di-tert-butylphenol (UV-320) (9) Ammonium pentadecafluorooctanoate (APFO) (10) Pentadecafluorooctanoic acid (PFOA) http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/new-public-co nsultation-launched-on-10-potential-svhcs
3)[EU]CoRAPの最初の36物質の評価結果の公表  2012年から開始された物質評価計画(CoRAP)の対象である36物質の評価が 2012年2月28日までに終了し、その結果が公表されました。この36物質のうち、 エチレンオキシド、リン酸トリブチル、メチル-1,3-フェニレン=ジイソシア ナート、トルエンの4物質を除く、残りの32物質については登録者に対して追加 詳細情報の提出が依頼されています。 http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/first-substan ce-evaluation-results-further-information-needed-on-32-substances
4)[米国]危険有害性周知基準(HCS)の訂正  2012年3月26日に米国官報に公示された労働安全衛生局(OSHA)のHCSが一部 訂正されました。多くの訂正は、引用文中におけるMSDSの表記をSDSに訂正した ものです。具体的な数値の訂正については、Sec.1910.1200, Appendix A,     Paragraph A.1.2のTable A.1.1において、Dermal Category 1 valueが「≦5」で あるのを「≦50」に訂正され、また、Sec.1910.1200, Appendix A,     Paragraph A.2.4.3.1およびA.3.4.3.1において、The concentration of     “relevant ingredients” of a mixtureが「>1%」であるのを「≧1%」に訂正 されています。 http://69.175.53.6/register/2013/feb/08/2013-01416.pdf
-------------------------------------------------------------------------- 【2】アジア地域化学物質管理の最新動向
1)[中国]中国現有化学物質名録を公表 中国環境保護部は、2013年1月14日に、新規化学物質環境管理弁法に基づく 「現有化学物質名録(2013年版)を公表しました。収載物質数は45,612物質です。 この名録に収載されていない化学物質が新規化学物質となります。 http://www.mep.gov.cn/gkml/hbb/bgg/201301/t20130131_245810.htm
2)[中国]化学物質環境リスク管理「十二五」計画を発表 中国環境保護部は、2013年2月20日に、「化学物質環境リスク管理「十二五」計画」 を発表しました。この計画は58種類の化学物質を「十二五」期間における環境リス ク管理の重点対象として、石油工業、コークス等加工業、化学物質および化学製品 製造業、医薬品製造業、化学繊維製造業、非鉄金属製錬および圧延加工業、紡織業 の6業種に加え、石炭から燃料油、天然ガス、アルケン、ジメチルエーテル、グリ コール等を製造する新型石炭化学工業を重点産業に指定しています。  環境保護部は「全国化学物質環境リスク管理重点地区名簿」の策定作業を進め、 2015年までに化学物質環境リスク管理の制度体系を確立する予定です。 http://www.cenews.com.cn/xwzx/zhxw/ybyw/201302/t20130221_736811.html
-------------------------------------------------------------------------- 【3】あとがき 今号では、欧州及び米国並びに中国における化学物質管理の最新動向について掲載 いたしました。今年の5月にはREACH規則の第二段階登録期限を控え、一式文書の 品質向上に加え、その内容の充実が求められているようです。また、SVHCに関して は、2012年の目標値達成を果たし、着実にその範囲を拡大しているように思えます。 化学物質国際対応ネットワークでは、皆様の化学物質管理を円滑に進めるために有 益な情報を発信してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------------- ■本マガジンは、平成24年度環境省請負業務に基づき、一般社団法人海外環境協力  センターが運営しております。  一般社団法人海外環境協力センター(OECC)   →http://www.oecc.or.jp/  環境省総合環境政策局環境保健部   →http://www.env.go.jp/chemi/index.html ■原則として、毎月1回の配信を予定しています。  メールの配信については、回線上の問題(メールの遅延、消失)等により  届かなかった場合の再送は行いませんので、予め御承諾の上、ご利用ください。 ■化学物質国際対応ネットワークマガジンバックナンバーは、下記ウェブサイトを  御覧ください。   →http://www.chemical-net.info/mailmg_bn.html ■本メールマガジンの配信停止・配信先e-mailアドレスの変更及び御意見・御要望  等は、以下のウェブサイトより御連絡下さい。   →http://www.chemical-net.info/contact.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行元:一般社団法人海外環境協力センター ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭に戻る↑