1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
  2. >メールマガジン
  3. >メールマガジン 第49号

メールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        化学物質国際対応ネットワークマガジン 第49号
           http://www.chemical-net.info/
                2013/7/4配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、化学物質国際対応ネットワークのウェブサイトから
配信登録をされた方を対象にお送りしています。

第49号は、以下の内容をお送りいたします。 ───────────────────────────────────── 【1】 米国 TSCAの最新情報!! 【2】 韓国 K-REACHの最新情報!! 【3】 中国 化学物質管理の最新動向 【4】 関連資料の仮訳の情報 【5】 あとがき ───────────────────────────────────── 【1】 米国 TSCAの最新情報!!
 当初、 2012年に委員会で修正可決された法案とほぼ同じ内容の法案をLautenberg  上院議員が29人の民主党上院議員とともにSafe Chemicals Act of 2013 (S. 693) として、上院に提出されておりましたが、この度、民主党上院議員8人及び共和党 上院議員8人によりChemical Safety Improvement Act of 2013 (S. 1009)が改めて 5月22日に共同提案されました。  この法案は、今後、関係委員会に提出され、公聴会が開かれて審議され、場合に よっては修正された後、本会議に上程されます。なお、下院の関係委員会も6月13日 にTSCA改正について公聴会を開催しました。今後、下院もTSCA改正を審議すると思 われるため、今後の動きに注目する必要があります。上院に共同提出された改正法 案の概要は、速報として別途『メールマガジン第49号付録』として配信します。 最後になりましたが、Lautenberg上院議員は、TSCA改正に尽力されておりましたが、 6月3日法案の成立を待たず89歳で御逝去されました。ご冥福をお祈りいたします。
-------------------------------------------------------------------------- 【2】 韓国 K-REACHの最新情報!!
 韓国の化評法(化学物質の登録及び評価等に関する法律(K-REACH))は、環境部 (MOE)が各方面の意見を聞いて作成した原案に対して、さらに内容を強化する議 員提案があり、強化された法律が2013年4月30日国会で可決され、5月22日に公 布されました。2015年1月1日に施行されます。  K-REACHは、全文8章54条に附則7条から成ります。環境大臣により、市民の健康 及び環境に対して、著しい損害を生じると認められた化学物質は、製造・輸入す る場合、年間1トン以下であっても登録の義務があります。日本の製造業者は、 企業秘密保持のためにも、韓国内の信頼できる全権代理人を選定することが必要 です。  また、K-REACHの成立に伴い、これまでの有害化学物質管理法(TCCL)を全文改 正し、化学物質管理法が6月4日に公布されました。施行日は2015年1月1日となっ ています。  K-REACHの主要部分は、別途『メールマガジン第49号付録』でご紹介します。
-------------------------------------------------------------------------- 【3】 中国 化学物質管理の最新動向
1)危険化学品使用量基準値(2013年版)の発表  2013年4月23日、国家安全生産監督管理総局、公安部と農業部は合同で「危険化 学品安全使用許可証実施弁法」(2013年5月日より施行)に組み入れる「危険化学 品使用量基準値(2013年版)」を発表しました。  「危険化学品使用量基準値(2013年版)」は、塩素、アンモニア、硫化水素、メ タン、ベンゼン、二酸化硫黄、メタノール、アセチレン、三塩化リン、ニトログリ セリンなどの75種類の危険化学品に対して、最小年間設計使用量を制定しています。 企業はその化学品を使用する場合、使用量が最小年間設計使用量(以下、「この量」 とする)に達していない場合には、この量で安全使用許可証を申請する必要があり ます。また、使用量がこの量を超える場合は、実際使用量で安全使用許可証を申請 する必要があります。「企業が安全使用許可証を取得する必要のある危険化学品の 使用量は、企業が使用する危険化学品の最小年間設計使用量と実際使用量の内、高 い値で決められる」とされています。
2)新規化学物質環境管理登記証の公示  環境保護部は、提出された登録証申請に対して、環境管理の関連要求に適合して いるものと判断し、第2陣、第3陣審査結果を公示しました。 第2陣:公示日5/6-8 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/xhxwz/201305/t20130506_251646.htm) 第3陣:公示日5/21-23 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/xhxwz/201305/t20130521_252415.htm
3)有毒化学品輸入環境管理登記証審査結果の公示  環境保護部は、提出された登録証申請に対して、環境管理の関連要求に適合して いるものと判断し、第3陣審査結果を公示しました。 第3陣:公示日5/21-23 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201305/t20130521_252424.htm
4)[中国]有毒化学品輸出入環境管理審査結果の公示  環境保護部は、提出された輸出入申請に対して、環境管理の関連要求に適合して いるものと判断し、第15-18陣審査結果を公示しました。 第15陣:公示日5/6-8 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201305/t20130506_251650.htm) 第16陣:公示日5/13-15 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201305/t20130513_252027.htm) 第17陣:公示日5/21-23 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201305/t20130521_252424.htm) 第18陣:公示日5/27-29 (http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201305/t20130527_252746.htm
-------------------------------------------------------------------------- 【4】 関連資料の仮訳の情報
 当ネットワークでは、ウェブサイトに化学物質管理の関連資料の仮訳を掲載して います。ぜひご活用ください。  最近掲載された資料は下記のとおりです。 1)General Report on REACH: 2013年2月5日付のREACHに関する一般報告書を 一部先行して仮訳しました。 2)欧州殺生物性製品規則:2013年5月22日付の欧州議会及び理事会規則(EU)No528/201 の仮訳です。 3)カリフォルニア州のより安全な消費者向け製品規則案:2013年1月付の規則案の 仮訳です。 ウェブサイトURL: http://chemical-net.info/regulation.html
--------------------------------------------------------------------------- 【5】 あとがき
 今号で掲載したTSCA改正法案の進捗と、K-REACHについては、主要部分の概要を 付録として配信いたします。  引き続き、皆様の化学物質管理を円滑に進めるために有益な情報を発信してまい ります。より有益な情報を発信するためにも、皆様のご意見・ご要望をお寄せいた だけると幸いです。よろしくお願いいたします。 http://www.chemical-net.info/contact.html
-------------------------------------------------------------------------- ■本マガジンは、平成25年度環境省請負業務に基づき、一般社団法人海外環境協力  センターが運営しております。  一般社団法人海外環境協力センター(OECC)   →http://www.oecc.or.jp/  環境省総合環境政策局環境保健部   →http://www.env.go.jp/chemi/index.html ■原則として、毎月1回の配信を予定しています。  メールの配信については、回線上の問題(メールの遅延、消失)等により  届かなかった場合の再送は行いませんので、予め御承諾の上、ご利用ください。 ■化学物質国際対応ネットワークマガジンバックナンバーは、下記ウェブサイトを  御覧ください。   →http://www.chemical-net.info/mailmg_bn.html ■本メールマガジンの配信停止・配信先e-mailアドレスの変更及び御意見・御要望  等は、以下のウェブサイトより御連絡下さい。   →http://www.chemical-net.info/contact.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行元:一般社団法人海外環境協力センター ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭に戻る↑