1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
  2. >メールマガジン
  3. >メールマガジン 第51号

メールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        化学物質国際対応ネットワークマガジン 第51号
           http://www.chemical-net.info/
                2013/9/25配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、化学物質国際対応ネットワークのウェブサイトから
配信登録をされた方を対象にお送りしています。

第51号は、以下の内容をお送りいたします。 ───────────────────────────────────── 【1】 ECHA化学物質管理の最新動向 【2】 中国化学物質管理の最新動向 【3】 ウェブサイトアップデート情報 【4】 あとがき ───────────────────────────────────── 【1】ECHA化学物質管理の最新動向
1)第2回REACH執行プロジェクト 最終報告書の公表 ECHAは、2013年9月4日、第2回REACH執行プロジェクト(REF-2)の 最終報告書を公表しました。REF-2実行の目的は、(1)ECHA執行フォーラム 主導(ECHA enforcement forum)でREACH並びにCLP申請義務に関して、 川下ユーザー(特に混合物の製造者)のコンプライアンスを検査すること、 そして、(2)加盟国並びに関連機関、監査機関の執行アプローチの調和を 通した公平な競争基盤の構築の推進となっています。このREF-2は、29の 加盟国と欧州経済領域(EEA)国において2011年5月から2012年3月にかけ て実施され、計1,181企業について、6,900物質、4,500混合物、そして 4,500のSDS(Safety Data Sheet: 安全性データシート)について検査が 行われました。この検査対象となった企業のほとんどは中小企業でした。 検査の結果、企業の67%がREACHもしくはCLPにおいて提出が求められて いる事項について、いずれかの項目を満たしていないことが判明しました。 それらの主な内訳は、(予備)登録(REACH、8%)、届出(CLP、15%)、情報 の保持(20%)、そしてリスク管理措置に関する欠落(12%)でした。検査さ れたSDSのうち、52%については依然として情報が不足しており、不完全な状 態であることがわかりました。しかし、製造輸入を行う企業のうち97%がSDS を備えており、内容も過去と比較して質の向上が見られています。本プロジェ クトの結果から、SDSの質、そして登録・届出等に関するコンプライアンスの 改善が必要であることが明らかとなりました。新規化学物質の規制の複雑化も 踏まえ、企業は、この分野における責任を果たすためにも、SDSスチュワード シップをさらに向上させる必要があります。これを受けて、本報告書には、 企業向けの推奨事項も記載されています。 http://echa.europa.eu/documents/10162/13577/forum_report_ref2_en.pdf
-------------------------------------------------------------------------- 【2】中国 化学物質管理の最新動向
1)「化学品物理危険性鑑定及び分類管理弁法」の概要 「化学品物理危険性鑑定及び分類管理弁法」は、2013年7月10日に第60号 国家安全生産監督管理総局令において公表され、2013年9月1日から施行され ました。この弁法は、「総則」、「物理危険性鑑定及び分類」、「法律責任」、 「附則」の四章から構成されています。「総則」によると、化学品物理危険性 鑑定とは、関連の国家基準、あるいは業界基準によって、化学品の燃焼、爆発、 腐食、助燃、自反応、水反応などの危険性について、試験、判定、確認するこ とを指します。化学品物理危険性鑑定及び分類は、国家安全生産監督管理総局 によって認可される化学品物理危険性鑑定機構が行います。そして、国家安全 生産監督管理総局化学品登録センターが化学品物理危険性分類の結果に対する 評価と審査を行います。「物理危険性鑑定及び分類」の章では、物理危険性 鑑定のプログラム、内容、審査報告書内容、危険性分類報告書内容などが規定 されています。「法律責任」の章では罰則が規定されています。
2)新規化学物質環境管理登記証の公示  環境保護部は、提出された登録証申請に対して、環境管理の関連要求に適合 しているものと判断し、第7陣審査結果を公示しました。 第7陣:公示日8/9-13(http://wfs.mep.gov.cn/hxp/xhxwz/201308/t20130809_257254.htm
3)有害化学品輸出入環境管理審査・有害化学品輸入環境管理登録証変更申請 審査結果の公示  環境保護部は、提出された輸出入申請及び輸入環境管理登録証変更申請に対 して、環境管理の関連要求に適合しているものと判断し、第28陣審査結果を公 示しました。 第28陣:公示日8/12-14(http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201308/t20130812_257347.htm
4)有毒化学品輸出入環境管理審査結果の公示  環境保護部は、提出された輸出入申請に対して、環境管理の関連要求に適合 しているものと判断し、第29-30陣審査結果を公示しました。 第29陣:公示日8/9-13(http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201308/t20130809_257253.htm) 第30陣:公示日8/30-9/3(http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201308/t20130830_259300.htm
5)有毒化学品環境管理登録証の公示  環境保護部は、提出された登録証申請に対して、環境管理の関連要求に適合 しているものと判断し、第5陣審査結果を公示しました。 第5陣:公示日8/9-13(http://wfs.mep.gov.cn/hxp/jck/201308/t20130809_257253.htm
-------------------------------------------------------------------------- 【3】ウェブサイトアップデート情報
 メルマガ50号をバックナンバーに掲載しました。(9/4 update) http://www.chemical-net.info/mag/mag_bn50.html
--------------------------------------------------------------------------- 【4】あとがき
今号では、ECHA及び中国の化学物質管理の最新情報をお届けしました。本メール マガジンの内容についてご意見、ご要望がありましたら、下記までお寄せください。 今後ともよろしくお願いいたします。 http://www.chemical-net.info/contact.html
-------------------------------------------------------------------------- ■本マガジンは、平成25年度環境省請負業務に基づき、一般社団法人海外環境協力  センターが運営しております。  一般社団法人海外環境協力センター(OECC)   →http://www.oecc.or.jp/  環境省総合環境政策局環境保健部   →http://www.env.go.jp/chemi/index.html ■原則として、毎月1回の配信を予定しています。  メールの配信については、回線上の問題(メールの遅延、消失)等により  届かなかった場合の再送は行いませんので、予め御承諾の上、ご利用ください。 ■化学物質国際対応ネットワークマガジンバックナンバーは、下記ウェブサイトを  御覧ください。   →http://www.chemical-net.info/mailmg_bn.html ■本メールマガジンの配信停止・配信先e-mailアドレスの変更及び御意見・御要望  等は、以下のウェブサイトより御連絡下さい。   →http://www.chemical-net.info/contact.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行元:一般社団法人海外環境協力センター ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭に戻る↑