1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
  2. >メールマガジン
  3. >メールマガジン 第58号

メールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        化学物質国際対応ネットワークマガジン 第58号       
           http://www.chemical-net.info/           
                2014/8/21                
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※昨日配信致しましたメールマガジン58号の中で、ベトナム化学物質管理の最新動
向のリンク先に誤りがございました。ご迷惑をお掛けしましたことをお詫びすると
ともに、ここに訂正させていただきます。

このメールマガジンは、化学物質国際対応ネットワークのウェブサイトから 配信登録をされた方を対象にお送りしています。
第58号は、以下の内容をお送りいたします。 ───────────────────────────────────── 【1】 中国 化学物質管理の最新動向 【2】 欧州化学物質庁(ECHA)の最新動向 【3】 ベトナム 化学物質管理の最新動向 【4】 あとがき ───────────────────────────────────── 【1】 中国 化学物質管理の最新動向
(1)環境保護部固形廃棄物及び化学品管理技術センター:新規化学物質環境管理 申告登録研究コース 2014年7月9-10日と7月30-31日に、新規化学物質環境管理申告登録に関して、 北京で研修が開催されました。 研修の内容は次のとおりです。 1) 新規化学物質申告に関する要求について 2) 新規化学物質申告登録の進捗状況について 3)新規化学物質の通常、簡易、科学研究届出申告に関する技術審査の要求について 4)新規化学物質申告における化学、物理化学、健康、生態、化学工学、安全、環 境保全などに関する技術審査の要求と問題点分析について
(2)環境保護部固形廃棄物及び化学品管理技術センター:重点環境管理危険化学 品環境リスク評価研修コース 2014年8月25-29日に、第II期重点環境管理危険化学品環境リスク評価研修コース が開催されます。受講対象者は、生物・化学・衛生工学が専門の大学生及び技術者です。 研修の内容は次のとおりです。 1)国内外の化学品環境管理の概況について 2)国内の化学品環境管理の法規について 3)毒性学基礎(生態毒性学基礎を含む)について 4)化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)について 5)重点環境管理危険化学品環境リスク評価の手法について 6)重点環境管理危険化学品の典型的なプロセスと発生源について 7)環境リスク評価の事例と報告書作成について 8)環境リスクの抑制措置と環境監督管理について http://www.mepscc.cn/tabid/75/InfoID/580/frtid/40/Default.aspx
-------------------------------------------------------------------------- 【2】 欧州化学物質庁(ECHA)の最新動向
 (1)高懸念物質候補の意図登録の更新 2014年8月4日、評価が進められていたオーストリアによる二つのオクチルスズ 化合物、そしてドイツによる二つのベンゾトリアゾール化合物の再提出を含め、高 懸念物質(SVHC)である可能性のある10物質のドシエが提出されました。 http://echa.europa.eu/web/guest/registry-of-submitted-svhc-intentions
(2)ばく露シナリオの作成例を公表しました。 2014年8月4日、ECHAはサプライチェーンでの情報伝達で必要となるばく露シナ リオ(ES)の例を新たに公表しました。化学物質安全性報告書(CSR)のES関連情報を用 いた、川下ユーザーへのばく露シナリオに関する情報伝達について示されています。 第一部では、安全性データシート(SDS)の附属資料としてのES様式の概要等が記載さ れています。第二部では、ESの事例を示すとともに、ES関連情報をCSRより効果的に 抽出してSDSで用いる方法について記載されています。第三部では、第二部で示され たESの作成例をChesar2.3で作成した例が挙げられています。さらに、3つの場面 を想定したテンプレートも公表されました。
ばく露シナリオ(ES)の作成例: http://echa.europa.eu/web/guest/support/practical-examples-of-exposure-sce
narios
ばく露シナリオ(ES)のテンプレート: http://echa.europa.eu/support/guidance-on-reach-and-clp-implementation/for
mats

--------------------------------------------------------------------------- 【3】 ベトナム 化学物質管理の最新動向 ※リンク先を訂正いたしました。
2014年6月、ベトナム社会主義共和国において「2005年環境保護法」の改正が国 会で承認されました。この改正により、化学物質管理に関連して、化学物質の移動 や取扱い、環境保護、化学物質の登録目録等の情報収集管理の条項として、第78条 が新たに加えられました。 改正文: http://vea.gov.vn/vn/Pages/vbqppl_NoiDung.aspx?vId=9260
--------------------------------------------------------------------------- 【4】 あとがき
今号では、中国の化学物質管理、欧州化学物質庁ECHAの最新情報、そしてベトナ ムの化学物質管理の最新動向についてお届けしました。 読者の皆さまより、記事内容に関するご意見、ご要望を募集しております。下記 の「お問い合わせ」のページからお寄せください。  どうぞよろしくお願いいたします。 http://www.chemical-net.info/contact.html
-------------------------------------------------------------------------- ■本マガジンは、平成26年度環境省請負業務に基づき、一般社団法人海外環境協力  センターが運営しております。  一般社団法人海外環境協力センター(OECC)   →http://www.oecc.or.jp/  環境省総合環境政策局環境保健部   →http://www.env.go.jp/chemi/index.html ■原則として、毎月1回の配信を予定しています。  メールの配信については、回線上の問題(メールの遅延、消失)等により  届かなかった場合の再送は行いませんので、予め御承諾の上、ご利用ください。 ■化学物質国際対応ネットワークマガジンバックナンバーは、下記ウェブサイトを  御覧ください。   →http://www.chemical-net.info/mailmg_bn.html ■本メールマガジンの配信停止・配信先e-mailアドレスの変更及び御意見・御要望  等は、以下のウェブサイトより御連絡下さい。   →http://www.chemical-net.info/contact.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行元:一般社団法人海外環境協力センター ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭に戻る↑