1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
  2. >セミナー・ワークショップ資料
  3. >2015年度

セミナー・ワークショップ資料

2015年度

北米(カナダ・米国)における化学物質管理政策最新動向セミナー
(2016年3月15日)

カナダでは、カナダ環境保護法(CEPA: Canadian Environmental Protection Act)に基づく化学物質対策が実施されており、カナダ国内に流通する2万種を超えると言われる既存化学物質について、政府におけるリスク評価作業が進められております。
また、米国においては有害物質法(TSCA: Toxic Substances Control Law)ワークプランに基づく既存化学物質のリスク評価が進められるとともに、TSCA改正案が米国議会で審議されるなど、その動向が注目されております。

本セミナーではカナダ保健省から担当官を招聘し、同国における化学物質管理政策の最新動向に関して御講演いただくとともに、米国での化学物質管理に関する最新動向について国内の専門家に化学物質管理政策の最新動向について御紹介いただきました。

【プログラム】

講演1 カナダにおける化学物質管理政策についての最新情報

Dr. Bio Aikawa
カナダ保健省
健全環境および消費者保護支局
安全環境部
既存物質リスク評価部局
情報管理課 課長

英語(PDF:1.1MB)
日本語(PDF:1.2MB)
講演2 米国TSCA改正に関する動向

高村 比呂典
イー・アール・エム日本株式会社

プリンシパルコンサルタント

日本語(PDF:276KB)

←セミナー・ワークショップ資料に戻る | ページの先頭に戻る↑

日中韓の化学物質管理政策に関する公開セミナー
(2015年11月11日)

2015年11月9日(月)から11日(水)にかけて、「第9回日中韓における化学物質管理に関する政策ダイアローグ」が中国・南京で開催されました。
このダイアローグの一環として11月11日に日中韓の化学物質管理対策等に関する公開セミナーが開催され、日本・中国・韓国の化学物質管理に関心を持つ約100名の方々の参加がありました。
この公開セミナーでは、日中韓の政府関係者等から各国の化学物質管理関連法制度における最新動向について説明が行われ、参加者からの質疑応答を通して活発な議論が行われました。韓国からは化学物質の登録及び評価に関する法律(K-REACH)の施行が始まったことを受けて制度の説明が行われ、日本からは化学物質管理政策の紹介を行いました。また中国からは化学物質管理に関する最新動向について説明がなされました。
プログラムと講演資料については、以下を参照ください。

【プログラム】

韓国 The Korean REACH;
Overview & Regulatory Implementation

    環境部化学物質課 Yukyung Kim

英語 1(PDF:3.3MB)
英語 2(PDF:3.2MB)
(2分割)
日本 日本における化学物質管理政策の紹介

    環境省総合環境政策局環境保健部企画課
    化学物質審査室 室長 福島 健彦

英語(PDF:1.8MB)
中国 The latest policies for chemical environmental management in China

    環境保護部汚染防止局化学物質管理署
    Du Kexiong

英語(PDF:2.5MB)

←セミナー・ワークショップ資料に戻る | ページの先頭に戻る↑

東南アジア全般及びマレーシアの化学物質管理政策最新動向セミナー 
(2015年8月6日)

近年急速な経済発展を続けているマレーシアの天然資源環境省から担当官を招聘し、マレーシアにおける化学物質管理の最新動向について解説いただきました。
また、国内の専門家から東南アジア全般における化学物質法規制の動向につき、説明いただきました。

【プログラム】

講演1 東南アジアの化学物質法規制動向

佐野  弘
    日本ケミカルデータベース株式会社  技術顧問

日本語(PDF:4.8MB)
講演2 マレーシアにおける化学物質管理の最新動向

Ms. Thahirah Kamarulzaman
    マレーシア天然資源環境省環境局有害物質課
    副課長

英語(PDF:4.9MB)
日本語 1 (PDF:3.0MB)
日本語 2 (PDF:3.5MB)
(2分割/仮訳)

←セミナー・ワークショップ資料に戻る | ページの先頭に戻る↑

欧州化学物質庁事務局長による化学物質管理政策最新動向セミナー
〜REACH、CLP及びBPRの最新動向〜
(2015年4月3日)

欧州化学物質庁事務局長のGeert Dancet氏及び協力局国際関係担当官のPetteri Mäkelä氏を招き、「化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則(REACH規則)」についての最新動向、「物質及び混合物の分類、表示、包装に関する規則(CLP規則)」「殺生物製品規則(BPR)」等に関して解説いただきました。

【プログラム】

講演1 REACH規則の最新動向:化学物質の登録・評価・リスク管理

Mr. Geert Dancet
    欧州化学物質庁事務局長

英語(PDF:1.4MB)
日本語(PDF:2.0MB)
(仮訳)
講演2 CLP規則の最新動向とECHAによる産業界へのサポート体制

Dr. Petteri Mäkelä
    欧州化学物質庁 協力局  国際関係担当官

英語(PDF:1.2MB)
日本語(PDF:1.6MB)
(仮訳)
講演3 BPRの概要

Dr. Petteri Mäkelä
    欧州化学物質庁 協力局  国際関係担当官

英語(PDF:1.1MB)
日本語(PDF:1.6MB)
(仮訳)

←セミナー・ワークショップ資料に戻る | ページの先頭に戻る↑