1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
  2. >セミナー・ワークショップ資料
  3. >2019年度

セミナー・ワークショップ資料

2019年度

日中韓の化学物質管理政策に関するセミナー NEW
(2019年10月30日)

2019年10月28日(月)から30日(水)にかけて、「第13回日中韓化学物質
管理政策対話」が福岡県・福岡市で開催されました。この政策対話の一環とし
て、10月30日に日中韓の化学物質管理政策に関する公開セミナーが開催され、
日本・中国・韓国の化学物質管理に関心を持つ約60名の方々の参加がありまし
た。

この公開セミナーでは、日中韓の政府関係者より各国の化学物質管理制度にお
ける最新動向について説明が行われました。

@ 日本からは、化審法下での化学物質管理政策の状況、
A 韓国からは、K-REACH下での登録と評価の現状、
B 中国からは、化学物質管理政策に関する最新動向

について説明が行われました。これらの発表について参加者からの質疑を受
け、活発な情報・意見交換がなされました。
プログラムと講演資料については、以下を参照ください。

【プログラム】

中国 Updates on Chemicals Environmental
Management Policies in China
中国における化学物質管理政策の最新情報
(仮訳)

  中国生態環境部化学物質環境管理処
  Du Kexiong

※資料掲載不可
韓国 Current Status of Chemicals Registration and Evaluation in Korea
韓国における化学物質の登録と評価の現状
(仮訳)

  韓国環境部化学物質政策課 Hwang Na-Kyung

※資料掲載不可
日本 Latest Progress on Chemical Management
under CSCL in Japan
日本の化学物質審査規制法下での化学物質管理の最新進捗

  環境省大臣官房環境保健部環境保健企画管理課
  化学物質審査室 室長 柳田 貴広

日本語(PDF:1.5MB)
英語(PDF:0.9MB)

←セミナー・ワークショップ資料に戻る | ページの先頭に戻る↑