1. 化学物質国際対応ネットワークTOP
化学物質国際対応ネットワークイメージ

ALL JAPANで化学物質規制の国際潮流への対応を!
化学物質によるリスクを最小化するため、EUを始め、アジア諸国に至るまで、世界各国において化学物質規制が強化されています。このような時々刻々と変化する化学物質規制の国際潮流へ対応するため、「化学物質国際対応ネットワーク」では、海外の行政官等による国際的な化学物質規制に関するセミナーの企画・開催、各国での化学物質規制の最新動向を配信するメールマガジンの発行などを実施し、行政と業界が垣根を越えて官民一体で情報共有・連携を行っています。

ニュース

過去のNEWS

2020年4月6日

メルマガ105号をバックナンバーに掲載しました。

欧州化学物質庁(ECHA)が公表しているREACH規則に基づく認可対象物質リスト(2020年2月6日現在、全54物質) および認可対象候補の高懸念物質(SVHC)リスト(2020年1月16日現在、全205物質)の仮訳を掲載しました。

2020年3月17日

コラムを掲載しました。
「特定化学物質規制の現状と課題」
第10回「プラスチック廃棄物、マイクロプラスチック・マイクロビーズ規制」をお届けします。

「リスクベースの化学物質管理」
第5回「化学物質のリスク管理 法規制と事業者の自主的対応 (5)」をお届けします。

2020年3月3日

2020年3月5日(木)開催予定の、「欧州における化学物質管理政策最新動向セミナー」につきましては、諸事情により中止とさせていただきます。

誠に申し訳ございません。

2020年2月25日

メルマガ104号をバックナンバーに掲載しました。

2019年10月30日(水)開催
「日中韓の化学物質管理政策に関するセミナー」の講演資料を掲載しました。

2020年1月20日

メルマガ103号をバックナンバーに掲載しました。

2019年12月2日

コラムを掲載しました。
「特定化学物質規制の現状と課題」
第9回「プラスチック廃棄物、マイクロプラスチック・マイクロビーズ規制」をお届けします。

「リスクベースの化学物質管理」
第4回「化学物質のリスク管理 法規制と事業者の自主的対応 (4)」をお届けします。

メルマガ102号をバックナンバーに掲載しました。

2019年9月20日

化学物質国際対応ネットワークセミナー
「日中韓における化学物質管理政策最新動向セミナー」を開催致します。

日時:2019年10月30日(水)9時30分〜12時15分(9時00分受付開始)
場所:ソラリア西鉄ホテル福岡 8F

詳細は開催案内をご覧ください。
※申込みを締め切りました。

2019年8月30日

メルマガ101号をバックナンバーに掲載しました。

2019年7月31日

コラムを掲載しました。
「リスクベースの化学物質管理」
第3回「化学物質のリスク管理 法規制と事業者の自主的対応 (3)」をお届けします。

2019年7月5日

コラムを掲載しました。
「リスクベースの化学物質管理」
第2回「化学物質のリスク管理 法規制と事業者の自主的対応 (2)」をお届けします。

2019年6月18日

コラムを掲載しました。
「特定化学物質規制の現状と課題」
第8回「プラスチック廃棄物、マイクロプラスチック・マイクロビーズ規制」をお届けします。

メルマガ100号をバックナンバーに掲載しました。

2019年5月23日

コラムを掲載しました。
新連載「リスクベースの化学物質管理」
第1回「化学物質のリスク管理 法規制と事業者の自主的対応 (1)」をお届けします。

2019年3月29日

メルマガ99号をバックナンバーに掲載しました。

2019年3月12日

メルマガ98号をバックナンバーに掲載しました。

2019年3月1日

コラムを掲載しました。
「特定化学物質規制の現状と課題」
第7回「ペルフルオロ化合物、難燃剤、フタル酸エステル類等」をお届けします。

幹事団体へのリンク

  • 旭化成(株)
  • 海外環境協力センター
  • 花王(株)
  • 環境省
  • 経済産業省
  • 厚生労働省
  • コクヨ(株)
  • 住友化学(株)
  • 長瀬産業(株)
  • 日産自動車(株)
  • 富士通(株)
  • 三井化学(株)